申請処理自動作業

SHERPA-SM 導入事例③

申請処理自動作業

SHERPA-SMは、今まで紙と人手で行っていた申請処理作業の自動化をすることが出来ます。
ワークフロー機能を利用し、申請内容の判別から承認処理、作業割振りまでを自動化します。
また、担当者には該当作業の手順書を通知することで、申請作業を遅延することなく始めることが出来ます。
申請作業自体をジョブツール等他システム連携をさせることで、申請された作業自体の自動化も可能です。

image

今までの課題

申請内容により、承認者への承認申請や作業区分による該当担当者の連絡をはじめ申請作業までの処理が煩雑で、遅延、ミスを招きました。

申請処理自動化の流れ

  • 1

    申請者による電子申請された内容をメールで受信しチケット自動登録

  • 2

    各種申請はその種類に合わせてワークフローが自動選択され承認処理も内容確認し承認/却下のステータスを変えるだけで、後続処理が自動化

  • 3

    承認された依頼作業はチケットに紐づけされ、担当に対し必要な手順書を通知。自動化ツール連携時は、チケットIDで連携し処理結果も自動更新出来る。

運用管理ソリューションソフトウェア

詳細の説明、見積もり依頼など
まずはお気軽にお問い合わせください。