メール自動一括送信

SHERPA-SM 導入事例②

メール自動一括送信

SHERPA-SMの問合せ管理機能は、お客様からの問合せメールに対し、自動で受付採番したチケット登録と お客様に対しての受付メール自動対応することが可能です。これによりお客様とのやり取りを受付番号でやり取りする事が出来ます。ただこれまでは、他システムで受けた複数のお客様からの対応情報を取り込むには、オペレータが手作業でチケット登録する必要がありました。メール一括送信機能では、他システムからの複数の顧客情報CSVを取込み、複数のお客様に対する個別採番しチケット登録から、一括してメール処理を自動化することが可能となりました。

image

今までの課題

他のシステムに入った多数の問合せを、手動にてチケット登録(宛先、本文、ステータス)し、受付メールを個別に送信する為、大変な労力を費やしていた。

メール一括送信の流れ

  • 1

    取込まれたチケット一覧画面
    「メール配信」 を押す。

  • 2

    送信可能なチケット件数が表示。

  • 3

    「メールを送信する」で、該当するお客様にメール送信され、チケットステータスを「一括 送信済み」に更新。

  • 4

    チケット番号か題名を押すと選択チケットの詳細画面が表示される。

運用管理ソリューションソフトウェア

詳細の説明、見積もり依頼など
まずはお気軽にお問い合わせください。