マネージャができること

Redmine

マネージャのみ設定できる機能

マネージャー

プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダー、チームリーダーなど、プロジェクトをマネージメントする人は、Redmineをどのように利用できるのでしょうか。今回はRemineを使ってマネージャができることをご紹介します。なお、今回の機能を利用するには、マネージャ権限のアカウントでログインしていることが前提となります。

マネージャが最初に行うのはRedmine上で「新しいプロジェクト」を作成、設定することです。プロジェクトの「設定」タブには以下のタブが並べられています。

  • 情報
  • モジュール
  • メンバー
  • バージョン
  • チケットのカテゴリ
  • Wiki
  • リポジトリ
  • フォーラム
  • 作業分類(時間トラッキング)

「情報」タブでは、プロジェクトの基本的な情報を設定します。プロジェクトの説明を記入すると、プロジェクトの概要などに表示されるようになります。

「モジュール」タブでは、プロジェクトで使用する機能を選択することができます。利用者の混乱や誤操作を避けるには、使用しない機能はオフにしておいた方が良いでしょう。プライグインで追加された機能も「モジュール」画面で選択できます。

「メンバー」タブではメンバーの追加、削除、メンバーのロールの変更を行います。ロールとは、Redmine上において「プロジェクト内でどのような操作ができるのか」を定義するものです。グループのロールを変更すると、グループに所属するすべてのメンバーに変更が反映されます。

「バージョン」タブでは、いわゆるマイルストーンを管理します。特定の期日までに完了させなければならないチケットをまとめて管理することができます。ロードマップにはバージョンごとのチケットがまとめて表示され、進捗状況も確認できます。バージョンの一覧画面では、Wikiとのリンクも表示されます。

「チケットのカテゴリ」タブは、チケットを細かく分類するために使います。トラッカーはワークフローと結びついていますが、カテゴリは他の機能と結びついていないので、様々な分類を当てはめて自由に使うことができます。

「Wiki」タブではプロジェクトメンバーと共有したいコンテンツを自由に作成することができます。マネージャは「Wiki」のメインページの指定と、すべての「Wiki」ページの削除を行えます。また、「リポジトリ」タブでプロジェクトに紐付くリポジトリを管理することができます。連携したバージョン管理システムも表示されます。

「フォーラム」タブでは、いわゆる掲示板のような機能を使うことができます。マネージャがフォーラムを作成しなければ利用することはできません。フォーラムの内容はRedmineの検索対象にもなります。

「作業分類(時間トラッキング)」タブでは、作業分類の一覧を見ることができます。この画面では、どの作業分類を「活動」で選択可能にするかを指定します。
以上のように、Redmineの運用においては、マネージャにしかできない作業があることがわかります。

運用管理ソリューションソフトウェア

詳細の説明、見積もり依頼など
まずはお気軽にお問い合わせください。