弊社のRedmineへの取り組み

Redmineと弊社の取り組み
我々は、Redmineリリース初期の2008年からRedmineを活用した製品開発(SHERPAシリーズ)を長年開発しています。
また、お客様から個別に依頼されるプラグイン開発の受託も行っています。

Redmineコミュニティとの関わり

Redmineとの関わりについて
オープンソースのプロジェクト管理システムであるRedmineをシステム運?業務で、より便利に使えないかを弊社メンバーが模索しRedmine.orgコミュニティーへの参加。RedmineのJean-Philippe Lang?や前?剛?とも懇親を持ち、弊社からのリクエストした機能が標準機能にも実装されるなど、Redmineの活動にも積極的に参加しています。
弊社の顧問Toshi Maruyama?は?本?最初のRedmineコミッターです。また、弊社従業員がRedmine Tokyoのスタッフとして従事しています。
SHERPA SUITEは、オープンソースのRedmineを包括的にシステム運?業務機能の拡張を?うことで、システム障害からのイベント管理やインシデント管理を、より効率的に処理していくことが出来ます。
弊社のRedmineへの取り組み
弊社が考えるRedmineの強みとは
システム運?ではお客様により障害に対する管理内容が異なり、それに伴い必要な管理項?もお客様毎に異なります。多くのシステムでは管理項?が固定化しており、管理項?を増やしたい場合には開発が伴うため、?間やコストがかかってしまいます。
Redmineでは、利?者が画?操作で管理に必要な項?の作成/追加が簡単に出来きます。Redmineをベースとしたインシデント管理システム“SHERPA-SM”においても、この柔軟性が?常に好評を頂いており、?年の“Excel”によるインシデント管理を“SHERPA-SM”に変更されるお客様が増えています。
“柔軟性”の?いRedmineも、インシデント管理での利?においてはノウハウが必要となりますが、システム監視における経験豊富な弊社技術スタッフがサポートさせて頂いており安?してご利?いただけます。

運用管理ソリューションソフトウェア

詳細の説明、見積もり依頼など
まずはお気軽にお問い合わせください。