アラート制御システムSHERPA-IR

SHERPA-IRは、アラートの制御の他、様々なシステム運用監視ツールやログシステムなどのアラート電文のフォーマット変換取込み機能や、
各種インシデント管理ツールやジョブ管理システムなどへのメール連携やコマンド実行連携機能として導入することが出来ます。
併せて、アラート電文に該当する手順書等の情報を連携する事も出来ます。
日々の業務に追われ、今までなかなか手を付けられなかった運用に関して、今までの環境や操作を変えることなく
運用1次オペレータの業務改善を行う事が可能となります。当ソリューションを導入することで、働き方改革を実現します。

SHERPA-IR相関図

SHERPA-IRの特徴

発生したインシデントは即時に対応が原則です。
対応手順書の見直し等、実際の操作に関する改善は良く行われていますが、運用を含めた改善が行われていないのが実情です。
インシデント発生から完了までは様々なステップがあります。

SHERPA-IRの特徴

このような人手による障害対応ステップでは、システム障害発生の受付からインシデント解決・クローズに至るまで、対応時間がかかり過ぎます。
大量の障害アラートが発生して、業務の負荷が増大したときに、復旧の遅延を招くだけでなく、重大な障害の対応漏れや作業ミスに繋がる可能性もあります。
このような運用1次オペレーターの障害対応プロセス業務をSHERPA-IRがで自動化することにより、迅速かつ適切な復旧を行い、
業務を遂行できない状態を素早く解決することができます。

例えば、メールの内容から判断し、RPA(ロボットプロセスオートメーション)を起動するといったことなども可能です。
オペレーションの自動化により、効率化・高品質化・コスト削減を実現します。

  • オペレーター軽減
  • 作業時間短縮自動化
  • ミス軽減
  • コストダウン

SHERPA-IRの機能

SHERPA-IRは、“抽出情報”“更新情報” の大きく2つ機能があります。
今まで運用オペレータによる人手の作業だった、アラート通知より必要な情報を抽出し、予め定義した
更新情報・フィルタ情報にて処理の振り分け処理する流れとなります。

①解析
  • アラート内容の登録、解析、記録までを自動で一元管理
  • 特定の文字列を指定して解析する為、どんなフォーマットのメール電文でも取込み可能
解析
②振り分け
  • 取り込んだアラートをルールベースで仕分けし、条件毎に処理実行
  • 一時的なlink up/downの静観や、メンテナンス時間の一時停止設定も可能
  • 誤報を減らすために、重複するアラート通知を1通にまとめる
振り分け
③自動実行
  • アラート内容によって、担当者毎の通知が可能
  • 手順書やURL等の情報を付加し、チームメンバーやグループにも通知が可能
  • コマンド実行により、ジョブ連携やAPIでの電話やチャット連携も可能
自動実行
このような方に最適!
  • 障害アラートの集約・切り分け・確認作業が負担だ
  • 重要なインシデントを見落とすことがある
  • オペレーターの作業効率が上がらない

SHERPA-IRによる削減効果

人手対応とSHERPA-IRでの1次障害対応作業比較
 (SHERPA-IR 導入企業”S社様”の監視業務におけるフィルターでの通知削減数の事例)

SHERPA-IR比較
SHERPA-IR利用イメージ

運用管理ソリューションソフトウェア

詳細の説明、見積もり依頼など
まずはお気軽にお問い合わせください。